ホーム > アーカイブ > 2009年10月のアーカイブ

2009年10月のアーカイブ

日本語に直すと国境地方

091031-214239
(ゲームプレイ→目が回ってグッタリ→ゲームプレイ 以下繰り返し by raptr)

Borderlandsとシステムが似たようなゲームには、装備集めやレベルアップ、スキル配分などのRPG要素が入ったHellgate:LondonとかTPSのMassEffectあたりが挙がるでしょうか。でも、Borderlandsはそういったものの焼き増しではなく、しっかりBorderlandsしてますね。

Hellgate:LondonはMOの要素が入ってて、MassEffectはストーリーが素晴らしくてどちらも良いゲームだったんですが、戦闘時のシューティング部分が個人的に微妙でした。しかし、Borderlandsは核となるシューティング部分が上の2つと比べると私好みになっています。

理由は色々ありますが、特に大きいのがヘッドショットの概念があることと、銃の射撃感がよくできているということが大きいと思います。レティクルがほとんど動かないのがちょっと残念ですが、動きの遅いスポーツ系と思って我慢します。

(ちなみにMass Effect 2では部位破壊が導入されるようなので、それも楽しみにしています)

091031-203339

戦闘は中盤で強化パーツ (Mod) を手に入れると攻撃力が飛躍的に上がりますし、装備も充実してくるのでどんどん面白くなります。ただ注意しないといけないのは、敵にもレベルがあり、それが自分のレベルより高いとかなり勝つのが大変になります。その分クエストが大量にあるので、しっかりクエストを進めていくのがよさそうです。

後このゲームは装備の種類が尋常じゃない量があって、そこがこのゲームのキモにもなってきます。次の記事あたりにそのへんを詳しく書きます。

Torchlight demo

091028-175730
(キャラクターの職業選択画面)

Steamで発売したばかりのTorchlightのデモがでていたので試してみました。基本に忠実なハックスラッシュという感じでよくできています。独特なタッチの世界観がよく表現されていますし、ゲーム展開も早いため爽快感が高く、没頭できます。

091028-175913
(馬に無視される図)

後半はどうなるかわかりませんが、現在のところでは元祖ディアブロみたいに最初の町があって、ダンジョンと町をポータルを用いて往復して進めていきます。ゲームの雰囲気は全然違いますが、懐かしい気分になれます。

091028-193041
(ボス戦)

戦闘ではペットが活躍してくれます。装備品などのアイテムもある程度持ってくれますし、町にアイテムを売りにいかせることもできます。

091028-194936
(デモ終了時のレベルと装備品、大量のエンチャント装備が入手可能)

装備品もエンチャントがついた装備が満載で、収集魂がかき立てられます。この新作の値段が2000円弱とは良い時代になりました。

Pig

091002-192347 —> 091002-192343

特にblogに書くような話題がないときはRisenのPigでなごみます。

Killing Floor体験

091023-172425
(タイトル画面)

無料期間を利用してKilling Floorをプレイしてみました。このゲームは全体的にダークな雰囲気がよく出ています。銃などの武器種類が豊富で、撃った時の音が気持ちいいですね。

似たようなCOOP型のFPSにLeft 4 Deadがありますが、それが面クリア型なのに対し、Killing Floorは面クリア型のゲームになっています。他にもあちらはゾンビが出ますが、こちらはゾンビが出ます。そんなわけで全然違うゲームになっています。総括すると、私は説明力がないということです。

091023-173540
(ゲーム画面も暗め)

091023-204918
(毎度お馴染みAK47)

091023-210237
(装備品を購入できるショップ)

Risen Demo

091002-182448
(Risen タイトル画面)

というわけでGothicを世に送り出したPiranha Bytesが開発した Risen のデモが出ていたのでプレイしてみました。海外のレビューはこのへんでまとめて見られます。

まず最初の見所はこのタイトル画面です。いまどきこんな渋いおっさんをタイトル画面に出してくるような気合いの入ったゲームはそうそうありません。あとローディング画面ではローディングの進捗を示すプログレスバーがありますが、それが100%になったと思ったら0%になってまた100%になってそして0%というのが繰り返されるという要素が入っていて楽しめます。

Gothic 3から明らかに進化している点の一つは、セーブとロードがやっと普通のゲーム並みのスピードになったということがあります。Gothic 3では仮眠できそうな長さだった気がします。

091002-190435
(箱からアイテムをゲット)

ゲームをスタートすると、まずインベントリーが綺麗でテンションがあがります。ゲームがある程度進めば、敵を倒してそれから肉をゲットして、その肉をフライパンで焼くことができます。

091002-190847
(岸の縁をのぼれます)

動きはGothic 3と比べるとかなり洗練されていますね。グラフィックも綺麗になりましたし、やっとその辺が普通のゲームに追いついてきた感じです。また、ジャンプして家の屋根や崖の縁に手をかけてのぼるといったスーパーアクションも追加されていて進化を感じます。

ただ、私がRisenに期待しているのはもちろんそんなことじゃありません。あのGothic 3の敵が気持ち悪い感じや、洞窟に入ったときの緊張感とかがパワーアップしていることを期待していました。で、下のスクリーンショットを見てください。

091002-190022
(ハリネズミ)

これは序盤に出てくるハリネズミという敵です。どっからどうみてもおかしいです。ハリネズミってこんなんじゃないと思います。これを出してハリネズミといえる根性が凄すぎます。

091002-190029
(ゲームオーバー)

そして序盤の雑魚のはずなのに普通に強くて即死します。Gothic 3でリザードに即死させられた記憶が蘇ります。

左にEndとか出るだけの簡潔なゲームオーバー画面でこれもまたGothic 3譲りですね。ただGothic 3ではThe Endという表示だった気がします。Gothic 3ではあったものがRisenでは消えている。これは開発者からの何か深いメッセージが隠されているかもしれません。ないですね。

あと、Gothic 3では死んでも放置プレイだったんですが、Risenは流石に洗練されていて、自動的にロード画面が出るという親切設計になっています。

また、洞窟も色々な仕掛けが用意してあってビビらせてくれます。Risen良い感じです。

1 2

ホーム > アーカイブ > 2009年10月のアーカイブ

タグクラウド
カレンダー
« 2009 年 10月 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
オススメゲーム(Amazon)

ページの上部に戻る