ホーム > PathOfExile > Bestiaryリーグの進捗

Bestiaryリーグの進捗

前リーグのabyssはお休みして、Beastiaryリーグをプレイしてみました。
最初はハードコアで始めたんですが、レベル90でT11 FactoryでMapでは初顔のボスに一撃でRIPという結果に。ボスの脅威度が最低の1だったので、適当に黄色くして挑んだ結果、あっさりと終了。

新Mapの予習をしようと思い、久しぶりにノーマルリーグに。普通にやってもダレてしまうので、今回は3つのリーグ目標を立てました。
1.死にまくる (達成済)
2.HeadHunter購入 (達成済)
3.Lv100 (現在97)

まず1の目標ですが、Map入りの時点で100deathしたので、ハードコアで溜まった鬱憤を存分にはらすことができ、無事達成できました。普通は死なないようなボスにも存分に死なせていただきました。というか、こんなにカジュアルに死んでよく普段ハードコアやっているものだと自分で感心します。

hh
HeadHunter購入は150時間ぐらい(Lv97)で達成できました。お金はT13が安かったので、それを購入して、そこで入手したT14、T15を回してT16を売るということしかやってません。今季はリーグ開始から3週間立ってもT16が値崩れしなかったのが幸運でした。昔のリーグでは大体一週間ぐらいで暴落していた気がするので。
ちなみにiLv82以上のsearching eye jewelは20cぐらいで売れるので美味しいですが、全く気づかずにスルーしていました。

Shapedはボスで死なないことを第一条件で選んで、T13 Infested、T14 Estually、 T15 tombでやっていました。
Infestedは最初はきついと思いましたが、対岸からザコを倒せばボスが攻撃態勢に入る前に倒せることを発見してからは、一気に天国マップに。Tombボスは楽ですが、道が狭い+扉があるので、bearerを避けようと先に進んだら扉が閉まっていてクリックしそこねてRIPパターンが自分の中の黄金パターンです。なので、最近はsiegeにしました。キャラによってはsiegeボスは速度があがるとしんどいですが、TSだとBlinkで逃げながら戦えるので楽です。

hh2
ケチってThe Fiendカードでcorruptした結果、トラップ+1というビルドの幅が大変広がる可能性を感じる結果に終わりました。

hh3
自分が使っていたDeadeye MF Windripper Tornado shotビルドとHHは大変相性がよく、HHの効果で自分が何をしているかわからなくなっても、Mirage archerが勝手に攻撃をしてくれますし、適当にクリックしておけばTSも適当に当たるというのが素晴らしいです。基本的にzana modはbeyondにしていますが、HHなければ速攻四天王で死にますが、あるとわりと死にません。
ちなみに、poe.ninjaで調べた所、レベル95以上の同じようなビルドが130人ぐらいいるんですが、そのうち約半分の人がHHを持っているのが驚きでした。

http://poe.ninja/builds/char/n10o/WhyMasao
今回作成したキャラページはこちらです。poe.ninjaはほんと素晴らしいですね。公式ページでは足りない機能(個別のページ、PoB生成機能、軽い等)を用意してくれています。
今回のキャラはwanderで初めて、windripperにリスペックしています。wanderも強いので十分かと思ったのですが、windripperにした方が2倍強かったです(個人の感想)。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://tobelog.com/rpg/pathofexile/2366/trackback/
トラックバックの送信元リスト
Bestiaryリーグの進捗 - とべログ より

ホーム > PathOfExile > Bestiaryリーグの進捗

タグクラウド
カレンダー
« 2019 年 5月 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
オススメゲーム(Amazon)

ページの上部に戻る